ホームへ


Cockatiel(コカティール)とは、ピュアサウンドが提供する一連のサウンド関連ソリューションのシンボルです。
組み込み用サウンドドライバーやオーサリングツールの提供など、サウンドに関連する開発支援を幅広く実現してゆくことを目的とします。
愛らしい鳥の英名であるCockatielは、アプリケーション開発者やサウンドデータ制作者を励まし、作業負担を少しでも軽減したいとの理念を表したサービスブランドです。

声の表現力に勝る楽器なし。「歌」は音楽芸術において最高の情動喚起手段である。

ヴォーカル曲制作もおまかせください

ピュアサウンドでは、今後の再生機器の大容量化・高速化を予想し、1998年に“ストリーミング時代に適した楽曲制作の指針”を策定。ヴォーカル曲いわゆる「歌モノ」の制作のための研究と準備を進めてまいりました。
 その研究は、生身の人間が歌うというアナログ的要素をいかに引き立てるか、音域、声色、歌詞とのマッチング、歌唱指導法、既存ヴォーカル曲のジャンルとスタイル研究等さまざまなテーマにわたります。
 2009年に制作したSoundPooLのサンプルデモ曲は、“あるテーマに徹する”、“ある特徴を追求する”という要求下において、これまでの研究成果が結実した例といえます。

ヴォーカル曲の一例を聴く→「翼」

歌:杏ノ助作詞:清田伸雄作曲:足立美奈子

 

ゲームソフトの主題歌、キャンペーンソング等々、ヴォーカル曲が必要となった際は、ピュアサウンドにご相談ください。

 

サウンド制作のご依頼・お問合わせはこちらから
■ホームへ  ▲ページ上部へ

昭和のサウンド再現への取り組み

クリエイターの本質は新しいサウンドを創造するという点にあり、クリエイター集団である当社も新しい“響き”の開拓に努め、日々アーティステッィクな制作活動に従事しております。
その一方で当社が取り組んでいるのが“過去のサウンド”の研究・再現です。
電子楽器が普及していない時代、デジタルレコーディング機器や技術が進化していない時代のサウンドは、一見陳腐化したように思われますが、その当時の音楽に親しんだ世代にとっては郷愁感もあり、一定の需要価値があると考えられます。
打ち込みによる楽曲が氾濫する現代だからこそ“生楽器の生演奏”によって仕上がったサウンドがより新鮮に聴こえることもあります。
当社では、多くのボーカリストと、ギター、ドラム&パーカッション、ブラスセクションなど熟練プレイヤーたちの協力の下、昭和のテレビ主題歌や歌謡曲の特徴分析、当時流行の音楽スタイルの調査、アレンジ技法・録音技法の研究を進めてまいりました。

昭和のサウンド再現曲の一例を聴く→「バトライガーのテーマ」

歌:影山一郎  作詞:清田伸雄  作曲:駒形めぐみ

古くて新しい昭和のサウンド。この趣旨に賛同いただきマーケティング・市場開拓面でご協力いただけるパートナー企業さまを求めております。

 

その他のサウンド制作へ

サウンド制作のご依頼・お問合わせはこちらから
■ホームへ  ▲ページ上部へ

 

ページトップへ