ホームへ


Cockatiel(コカティール)とは、ピュアサウンドが提供する一連のサウンド関連ソリューションのシンボルです。
組み込み用サウンドドライバーやオーサリングツールの提供など、サウンドに関連する開発支援を幅広く実現してゆくことを目的とします。
愛らしい鳥の英名であるCockatielは、アプリケーション開発者やサウンドデータ制作者を励まし、作業負担を少しでも軽減したいとの理念を表したサービスブランドです。

単音着メロ以来の豊富な制作経験、機種ごとの特性を熟知した技術力で最適なサウンドを提供します。

スマートフォンのサウンド制作

スマートフォンのBGM作曲・効果音作成

スマートフォンのサウンド制作

2008年にiPhone3G、2009年にはAndroid搭載携帯が相次いで日本に登場し、以来脚光を浴びているスマートフォン。

PC並みの高機能さは、これまでモバイルゲームに課せられてきた色々な制限を打ち破りました。今後、自由な発想に富んだ新しいアプリケーションが生み出されてゆくことでしょう。

サウンドも内蔵音源を制御する方式から任意の音声波形を再生する方式へと進化し、表現の幅は無限に広がったと言えます。

当社がこれまで培ってきた精緻なミキシング・マスタリング技術、高度に熟練した作曲技術、音声圧縮技術に関する知識と経験、すぐに使える生録環境、そして豊富なリアル音色のデータベースが、より大きな力を発揮するものと考えます。

iOSで使用される音声圧縮形式AppleCAF(〜.caf)にも対応いたします。

スマートフォンのアプリケーションにBGMやSEが必要になった際は、ぜひピュアサウンドにご相談ください。

 

■サウンド制作のご依頼・お問合わせはこちらから
▲ページ上部へ

着メロデータの作成

世に送り出した曲数は1万曲を突破!

世に送り出した曲数は1万曲を突破!

当社は、着メロの商用配信が始まった、いわゆる”着メロ草創期”よりデータ作成にたずさわり、今やその提供実績は1万曲を超え、品質、生産量ともにトップレベルであるとの評価をいただけるようになりました。

これは、正確な採譜能力はもちろんのこと、細やかな装飾音、ボーカルパートの微妙なニュアンス、最適な音色選択、絶妙なディレイ(エコー)処理など、大量の楽曲を実際に着メロ化してみなければわからないコツ技術をシステマチックに蓄積してきた成果であると考えております。

所有携帯電話60台以上の広守備範囲

所有携帯電話60台以上の広守備範囲

ドコモの携帯電話の音源仕様は機種ごとに相違しており、実際の出音の癖も異なります。
これら各々の機種ごとに最適なデータを作るには、やはり各実機で調整が不可欠。

当社では市場に流通する主要な携帯電話のほぼ全域をカバーする開発体制を整備し、 それぞれのお客様のニーズに合わせた、きめ細やかなサービスを提供いたします。
少量のご発注でも喜んで承りますので、ご遠慮なくご相談ください。

 

■サウンド制作のご依頼・お問合わせはこちらから
▲ページ上部へ

ドコモiアプリ用サウンド制作

厳しいハードスペックに挑む!mld効果音

携帯電話の内蔵音源は元々”着信メロディー”つまり音楽を演奏させることを前提に設計され発展してまいりました。

一方、iアプリの登場以降、携帯電話もゲームソフト等を動作させる格好のエンタテインメントツールとなりました。

厳しいハードスペックに挑む!mld効果音

当然そこで、効果音も必要となりますが、携帯機に搭載されている音楽用音色は効果音の素材としては適さないものも多いうえ、シーケンスの分解能も高くはありません。

PCM再生機能を利用すれば音楽音色では出せない複雑な音も 表現できますが、それを大量に読み込めるほど携帯機のストレージは大きく ありません。

当社では、着メロ制作で実証された高品質のBGMはもちろんのこと、効果音についても”少ない同時発音数、少ない容量で最大限のパフォーマンスを目指す”スローガンの下、長年培ってきたシーケンス作成技術でこの困難なスペックの限界に挑みます。

ドコモiアプリ用のサウンド(mldファイル)が必要の際には、ぜひともピュアサウンドへご用命ください!

 

■サウンド制作のご依頼・お問合わせはこちらから
▲ページ上部へ

ソフトバンク・au アプリ用サウンド制作

spfを使いこなすFM音源職人

ソフトバンク・auの携帯機において音楽演奏中に効果音を任意のタイミングで鳴らすには、YAMAHAから 提供されているSMAF-Phraseというオーサリング技術を使用しspfファイルを生成しなければなりません。

1個のspfファイルは最大4ボイスのシーケンスしか格納できないため、ドコモiアプリ以上に厳しいシェイプアップを要求されるほか、1個の楽曲を複数のspfファイルに分割する作業も必要となります。

spfを使いこなすFM音源職人

そこで発揮するのが”少ない同時発音数、少ない容量で最大限のパフォーマンスを目指す”という訓練を積んできたピュアサウンドの熟練技。

ピュアサウンドは、再現したい音楽効果音の特徴を見極め、見事4ボイスや8ボイスで表現してみせることに喜びを感じる職人集団なのです。
もちろんPCM再生用データ(mmf)の作成も対応いたします。

ソフトバンク・auのアプリ開発においてBGMや効果音(spf、mmf)が必要となりました折にはぜひともピュアサウンドへご用命ください!

 

■サウンド制作のご依頼・お問合わせはこちらから
■ホームへ  ▲ページ上部へ

 

ページトップへ